プログラミング

gitコマンドまとめ

Pocket

atom を使い gulp を使うようになり すべてコマンドラインで済ませるとスムーズだなと思い。gitの処理をGUIのSourceTreeを使わずコマンドを使うようにしたいと思いました。勉強したのでメモをまとめました。

gitの初期化処理

$ git init

監視下に追加

すべて追加

$ git add .

指定ファイルを追加

$ git add [fileName]

コミット

コミットする

$ git commit -m "Initial commit."

編集の追加とコミットを同時に処理する

$ git commit -a -m "Add a greeting."

オプションの-aは編集ファイルを
自動で$ git add .も処理する。


作業ログを確認

全件ログ表示

$ git log

returnキーを押すとページ送りをする
表示を抜ける場合qを押す

数行だけログ表示

$ git log -3

この場合3行のみ表示する


コミット前と差分を確認

$ git diff

現在の状態を確認

$ git status

ブランチ

新しいブランチを作成

$ git branch [branchName]

ブランチを切り替え

git checkout [branchName]

ブランチ一覧と状態

$ git branch

*印がついているものが現在のブランチ

ブランチの削除

$ git branch -d [branchName]

他ブランチとの差分を確認

$ git diff [branchName]

マージする

$ git merge [branchName]

選択中のブランチに[branchName]の内容をマージする


共有リポジトリサイトを使う

クローン

$ git clone https://***.git
$ cd [gitfilename]

https://は共有リポジトリURLを入力
その後、[gitfilename]に移動する。

READMEファイルを作成

$ touch README.md

プッシュ

$ git push -u origin master

プッシュはgit addgit commitをした後に行う。


過去のコミットに戻す

ログからhash値を確認

$ git log

commit xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
commitの後の40桁のhash値をコピー

hash値を指定し戻す

git reset --hard xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
Pocket