アプリ開発

『Swift』POST送信からjson受け取りが理解できる記事まとめ

swiftiosblog
Pocket

SwiftからPOST送信をし、PHPで受け取りMysqlからデータを引っ張りjson形式に処理をして受け取り表示するってことを頑張ってます。
うまくまとめる時間も理解度もないのでとりま動くまでできたのでメモです。
以下紹介するサイトを参考にしながら行ったらできました。

POSTで送信するには?

LINK: [Swift]POSTでAPIを叩く方法。(そしてJSONを取得する。)

GETで送信は簡単ですがPOSTとなるとhead一手間いるようで、こちらのサイトがわかりやすく参考になりました。

取得したJSONをバラバラにしたい!

LINK: [iOS 8/Xcode 6] SwiftではじめるiOS開発 #3 [API取得&JSONパース]

単純なjsonデータであればこちらで紹介されている方法で十分でした。

大量のjsonを簡単に仕分けしたい!

LINK: Swiftで面倒なJSONの取り扱いをさらに10倍便利にするclass JSON

Githubで公開されているファイルを用いることでものすごく簡単に扱えるようになります。
こんな便利ソースを公開できるようなSwift使いになりたいですね。

Jsonを見やすくするには!

LINK: Json Parser Online

最後に、どの要素を引っ張ればいいのかjsonを見やすくしてくれるWEBツールです。
他にもいろいろありますが、jsonシンタックスエラーも知らせてくれるのでPHPで処理してる身からするとこちらがかなり見やすくていいです。

最後に。。。

私は今学生なのですが年度末に作成する作品に向けてこんなにもオーバースペックの事をやっていて実力伴わないことやってます。
今後もswift記事書くと思うのでご指摘・アドバイス等あればお願いいたします。

Pocket